MR転職情報ナビ


MRの転職に関しての考察

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
4月 24, 2015 at 1:29 PM

medical.representativeの略称でして、頭文字をとってMRとなります。

この英文を日本語で表すと、医薬情報担当者といいます。

まあ簡単に言いますと、医薬品の情報を扱う職務ということになります。

さて、この職務は医薬品の作用や副作用を事細かに記述していき、それを記録しておくという大変重要な責務があります。

そのようなわけですから、医療関係者はこのMRを大変重宝するわけです。

ただしこの職務は一つの場所にとどまるとあまり成長する事ができません。

医療品一つとっても莫大な情報がある上、勤め先独自の処方箋もあり、様々な医療現場で経験を積まないと、成長するのが難しい仕事なのです。

そこで転職を考えるわけですが、転職したらまた一からやり直しではと考えられる方、MRという仕事におきましては転職は学ぶことの続きだと考えられる訳です。

つまり外資系にあるフリーエージェント方式であると考えて貰えるとしっくり来るかと思います。

外資系の特徴としましては様々な現場で場数を踏んでいるエージェントが有利であると言えます。

そんな外資系に似た働きをするのがMRの転職であると言えるわけですね。

これらの事を総合的に考える時、日本人が勘違いしやすい、一つの所に長く務めている方が良い場合が多い、という考えです。

現代の世の中は終身雇用もとっくに終わってます。

変な責任感で会社勤めをされている方は尚更です。

自分がいなくなったら会社は回らないという妄想は早く捨てるべきでしょう。

会社にしてみれば早く新しい人を入れたいけど長く努めてる人を解雇するわけにもいかずに悩んでいるというのが事実です。

何故なら新しく入ってくる人の方が給料も安いですし会社も助かります。

更にその人が高い能力を持っているとしたら尚の事、努めてもらいたいと考えますね。

そしてですが、実は人の伸び率というのは、仕事を始めたばかりの頃に強く発揮されるものなのです。

転職を考える頃合いというのも、そろそろ仕事もなれてきたという頃に転職を考えるのが宜しいかと考えます。

MRの転職をお考えの方はこちらをご覧ください

上記はMRの転職に関する詳しい説明が書かれてあるサイトですMRの方は是非とも参照下さい。